セキュリティトップ > セキュリティニュース

BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

期限切れの心配もなく便利で安心。総合ウイルス対策が最大2カ月【無料】! 詳しくは、こちら
Clip to Evernote

RSS 55歳以上の8割超、サイバー脅威「他人ごと」 - 日本全体では9割弱

<<   作成日時 : 2016/10/03 16:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

55歳以上の中高年のインターネットユーザーにおいて、自分がサイバー犯罪の標的になり得ると考えている割合は14%で、全体平均の21%を下回ることがわかった。

Kaspersky Labと調査会社が、共同で21カ国の16歳以上1万2546人を対象に、意識調査を実施したもの。
日本における有効回答数は497。全対象者の13%が55歳以上である中高年ユーザーだった。

中高年ユーザーのパソコン利用率は95%で全体の90%と大差ないが、一方スマートフォンは34%で、全体61%と大きな差が見られた。
セキュリティ対策の導入状況を見ると、パソコンはいずれも9割前後。スマートフォンは5割強とほぼ同じ状況だという。

セキュリティ対策ソフトとパスワードの両方でデバイスを保護している中高年ユーザーは51%で、全体の46%をやや上回る。
一方で、すべてのデバイスでパスワードや認証を設定しない中高年ユーザーは21%。
全体の14%の1.5倍にのぼった。ただし、日本全体では25%とさらに高い値を示している。

SNSでのプライバシーを保護するため、サイトやブラウザのプライバシー設定を高くしている中高年ユーザーは全体より8ポイント低い30%。
モバイルデバイスのアプリで位置追跡機能をオフにしているユーザーは、全体では32%だったが中高年は18%だった。

中高年ユーザーがインターネット利用時に懸念していることを見ると、アカウントのハッキング、マルウェアによるパスワードの盗難、オンラインバンキングに対する攻撃などいずれも7割前後で、他年齢層大きな差は見られない。
しかし、自分が標的になると考える中高年ユーザーは14%と少なく全体の21%を下回る。
日本では、中高年に限らず全体で11%とさらに低い状況だという。

マルウェアに感染したと回答したユーザーは全体で22%。
中高年ユーザーに限ると12%と低いが、マルウェアに遭遇した中高年の近親者がいると20%のユーザーが回答しており、十分に認識できていない可能性もあるとカスペルスキーでは指摘している。

(Security NEXT - 2016/09/30 )


■関連リンク
カスペルスキー


出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。
新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

月別リンク

セキュリティ対策 | 診断

2つの診断でチェックしてみよう!BIGLOBEセキュリティではあなたのパソコンを無料で診断できます。

セキュリティ対策 | セキュリティ診断

あなたのパソコンの安全レベルを詳しくチェック!※BIGLOBE会員専用

<無料>診断する

セキュリティ対策 | ウイルス診断

知らない間にウイルスに感染しているかも。誰でもお手軽チェック!

<無料>診断する