セキュリティトップ > セキュリティニュース

BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

期限切れの心配もなく便利で安心。総合ウイルス対策が最大2カ月【無料】! 詳しくは、こちら
Clip to Evernote

RSS ネット公開が危険と感じる個人情報は「携帯電話番号」「顔」

<<   作成日時 : 2016/09/27 09:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

インターネット利用者の約6割がSNSを通じて何らかの個人情報を公開しているとの調査結果をシマンテックが取りまとめた。
公開している割合が最も高いのは10代後半から20代前半の女性だったという。

同社が、スマートフォンまたはタブレットを保有している15歳から69歳の男女を対象に調査を実施したもの。
3296人から回答を得た。

同調査によると、インターネット上へ公開するともっとも危険と感じている情報は、「携帯電話番号」が90%で最多。
「顔が分かる画像(84%)」が続く。

一方で回答者の8割以上がSNSを利用しており、具体的な公開範囲は不明だが、6割がSNS上で何らかの個人情報を公開していると回答した。
公開している情報は、利用サービスによって異なる傾向が見られる。

実名の登録を規約で定めている「Facebook」では、「本名」が最多、それでも70%に過ぎなかった。
非公開のグループなどで利用されるケースが多い「LINE」なども、36%が本名を公開している。

一方、不特定多数へ投稿を公開することが多い「Twitter」「Instagram」では「性別」が最多だった。
またSNSの性質上、「Instagram」では顔を判別できる画像を公開しているとの回答も19%と性別に次いで多く、本名を公開しているケースも17%にのぼる。

利用率や、情報を公開している割合がもっとも高かったのは10代後半から20代前半の女性。
日本全国を8つの地域に分けて地域ごとの傾向を比較したところ、九州地区が公開する割合が高い一方、北海道や東北は、南の地域に比べて個人情報を公開している人が少なかったという。

また、全体の37%がインターネットを通じて何らかのトラブルを経験していることがわかった。
トラブルで多かったのは「身に覚えのない請求連絡があった」で18%。
そのうち6人に1人は実際にお金を払っていた。
年代別に見ると、10代後半で男女ともにトラブルの経験率が高い。

(Security NEXT - 2016/09/23 )


■関連リンク
シマンテック


出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。
新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら


◆ 被害に合わないために迷惑メールをブロック ◆
被害に合わないためには、企業をかたるフィッシングメールなどの迷惑メールを受け取らないことが重要です。「迷惑メールフォルダオプション」を設定し迷惑メールをブロックしましょう。
今なら初月無料キャンペーン中です。【2016年9月29日まで】試しに使ってみてはいかがでしょうか?
詳細はこちら

月別リンク

セキュリティ対策 | 診断

2つの診断でチェックしてみよう!BIGLOBEセキュリティではあなたのパソコンを無料で診断できます。

セキュリティ対策 | セキュリティ診断

あなたのパソコンの安全レベルを詳しくチェック!※BIGLOBE会員専用

<無料>診断する

セキュリティ対策 | ウイルス診断

知らない間にウイルスに感染しているかも。誰でもお手軽チェック!

<無料>診断する