セキュリティトップ > セキュリティニュース

BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

期限切れの心配もなく便利で安心。総合ウイルス対策が最大2カ月【無料】! 詳しくは、こちら
Clip to Evernote

RSS Apple Watchに「FREAK」など13件の脆弱性 - セキュリティ更新が公開

<<   作成日時 : 2015/05/21 15:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

Appleは、同社ウェアラブル端末「Apple Watch」向けにセキュリティアップデートとなる「Watch OS 1.0.1」を提供開始した。

20150520_al_001.jpg
「Watch OS 1.0.1」を提供開始したApple
今回のアップデートは、カーネルにおける8件の脆弱性をはじめ、13件の脆弱性を修正するアップデート。不正なコードが実行される脆弱性やサービス拒否、情報漏洩などの問題に対応した。また証明書の更新や通称「FREAK」として知られる脆弱性「CVE-2015-1067」に関しても修正を行っている。

「FREAK」は、中間者攻撃により暗号化通信の下位互換で古い脆弱な暗号化通信を行わせることが可能となる脆弱性。当初「OpenSSL」の脆弱性「CVE-2015-0204」として1月に公表されたが、多くの製品が影響を受けるとして3月に問題が表面化した。

「Apple Watch」が連携する同社スマートフォン「iPhone」の「iOS」に関しては、3月に公開した「iOS 8.2」で、すでに修正されている。

■関連リンク
Apple:About the security content of Watch OS 1.0.1【Apple】
【Apple】

出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。詳細はこちら

月別リンク

セキュリティ対策 | 診断

2つの診断でチェックしてみよう!BIGLOBEセキュリティではあなたのパソコンを無料で診断できます。

セキュリティ対策 | セキュリティ診断

あなたのパソコンの安全レベルを詳しくチェック!※BIGLOBE会員専用

<無料>診断する

セキュリティ対策 | ウイルス診断

知らない間にウイルスに感染しているかも。誰でもお手軽チェック!

<無料>診断する