セキュリティトップ > セキュリティニュース

BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

期限切れの心配もなく便利で安心。総合ウイルス対策が最大2カ月【無料】! 詳しくは、こちら
Clip to Evernote

RSS 偽サイトへの誘導広告、名古屋銀行やウェブマネーでも - ヤフー追加調査で判明

<<   作成日時 : 2014/02/28 12:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

ヤフーの検索連動型広告「スポンサードサーチ」に、フィッシングサイトへ誘導する広告が表示された問題で、同社の追加調査により、これまで判明している京都銀行以外にも同様の問題が発生していたことがわかった。

フィッシング攻撃に利用されたのは、検索結果と連動して広告を表示するサービス「スポンサードサーチ」。インターネットバンキングを装ったフィッシングサイトへ誘導する広告が審査を通過し、踏み台として悪用された。

京都銀行のケースでは、同行が2月18日に偽サイトへ誘導する広告を発見し、ヤフーへ対応を依頼。ヤフーではアカウントを停止するとともに、2月21日に事態を公表した。京都銀行のケースでは、実際に不正送金の被害も発生している。

ヤフーでは今回の問題を受け、同じ犯人が利用したと見られるアカウントについて調査したところ、同様の手口で「名古屋銀行」や「ウェブマネー」のフィッシングサイトへ誘導していることが判明したという。

「名古屋銀行」のケースでは、2月11日から14日にかけて偽広告が掲載された。「ウェブマネー」については、2月14日から21日まで掲載されていたという。いずれもすでに停止処置を講じている。

同社では、他アカウントにおいて同様の問題が発生していないか調査したが、現時点では確認されていない。同社では捜査機関へ情報を提供するとともに、広告審査とパトロールをさらに強化するなど対策を強化するとしている。

■関連リンク
ヤフー
名古屋銀行
WebMoney

出典:Security NEXT


── ウイルス対策ソフトを入れていない方は・・・
▼BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフトのご利用をおすすめします。
総合ウイルス対策ソフトの『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規お申し込みいただいた方は、月額料金が最大2カ月無料となります。[2014/3/31まで]
ぜひこの機会にご検討ください。詳細はこちら

月別リンク

セキュリティ対策 | 診断

2つの診断でチェックしてみよう!BIGLOBEセキュリティではあなたのパソコンを無料で診断できます。

セキュリティ対策 | セキュリティ診断

あなたのパソコンの安全レベルを詳しくチェック!※BIGLOBE会員専用

<無料>診断する

セキュリティ対策 | ウイルス診断

知らない間にウイルスに感染しているかも。誰でもお手軽チェック!

<無料>診断する